アシニボインとレイクオハラの旅 2018 day9

with コメントはまだありません

6:30 目覚める。ヨーグルトとシリアルを食べ、8:00にヤムカナオフィスへ。

14人乗りのバスに3人で乗り、レイクオハラへ向かう。途中、レイクルイーズに寄る。レイクルイーズは朝から多くの観光客でにぎわい、まっすぐ歩けないくらい。みんな記念撮影をしている。レイクオハラは、レイクルイーズ上のビクトリア氷河の向こう側。

ハイウェイ一番を左折し、レイクオハラの駐車場へ。2台の黄色いバスが止まっている。

後ろのドアが開いており、人々が荷物を乗せている。

8:30 10:30のバスがあり、キャンパーは10:30のバスになる。

ガイドさんの説明を受けた後、40人くらいを乗せたバスは砂利道をレイクオハラに向け進む。

帰りのバス用の緑のトークンをいただく。

古いバス。がたがた道。古びたトークン。近代文化からすこし距離をおいたものたちが、これからの旅への期待を膨らませる。30分でキャンプ場前に到着する。

キャンプ場の説明をレンジャーから聞いて、サイトを探す。木枠で整備されたサイトだ。

テントを張り終えると、トレイルに出発、レイクオハラの湖畔でローストビーフサンドをいただき、レイクマッカーサーへと向かう。

エリザベスパーカーハット

トレイルヘッドのデイシェルターからスタート、エリザベスパーカーハットを超え、森の中を進む。途中には、小さなお花たち咲いている。天気はいいが、気温は快適、湿度もないので、汗もかかず、きつい感じもない。

スイッチバックを登ると岩のガレ場へ、さらに上るとお花の咲き乱れる開けた岩場にでる。

そこから左の山を回り込むと開けた緑の大地となり、向こうにはとがった山がそのふもとに神秘の湖があるようだ。湖が見える手前で、ガイドの植木さんが、”どうぞ”と言う。小走りのような感じで、湖へと吸い寄せられる。

進んだ先には、真っ青な大きな湖がひっそりとたたずんでいる。その青は、海の青でもなく、今までの氷河湖の青でもなく、見たことのない色。

我々以外に人はおらず、ほぼ無音。茶色の岩と緑の木、青の湖に銀色の山。その異次元の輝きにこころを奪われる。

見る角度でも水の色が変わる。

”そろそろ行きましょうか”どのくらいの時間そこにいたのか、全くわからない。

帰りはlower circleを通り、ビックラーチトレイルを通る。途中の展望地からメリーレイクの緑とレイクオハラの青を眺める。後ろには、大きなビクトリア山。

キャンプ場にもどり、本日のトレイルは終了。キャンプ場では紅茶を飲みながらご飯が炊けるのを待ち、サーモンアボガド丼をいただく。さすがカナダ、サーモンがおいしい。9:00くらいまでおしゃべりをして楽しいだけの一日が終わる。

Leave a Reply